九谷焼ができるまで


九谷焼を作る工程を紹介します。九谷焼作りの繊細さ、華麗さをご覧ください。

1 土造り

やきものの原料となる陶石、陶土を採取したら乾燥させ砕き、ふるいにかけて均一にします。次に水簸(土を水に溶かして漉す)をして不純物を取り除き、滑らかにして一定期間寝かします。実際に使うときには土練をして、中の空気を抜きます。

陶石を粉砕
陶石(左上)を粉砕

水を混ぜてろ過

練りあがった土

2 成形・加工

「ろくろ」「ひも作り」「タタラ作り」「型作り」など、様々な成形方法があります。大きさや形によって、成形方法を分けています。成形したら、半乾きのうちに高台を削ったり、彫り模様がある場合はこの時に行います。

ろくろでの成形
ろくろでの成形
高台削り出し
高台削り出し
高台後付成形
高台後付成形

3 乾燥

成形された作品は、天日で乾燥させます。

乾燥
棚に並べて乾燥
乾燥
棚に並べて乾燥

4 素焼き

しっかり乾燥させた後、約800度で素焼きをします。強度を高め次の下絵付けや釉掛けをしやすくします。


素焼き窯

素焼きされた器

5 下絵付け

釉薬を掛ける前に絵付けをするのが下絵付け。呉須(※)を使います。
※呉須(ごす)…酸化コバルトを主成分とする青色の顔料。焼成すると青藍色になる。


呉須

下絵付け

細かく繊細な下絵

6 施釉

釉薬は、焼成すると、陶磁器の表面をガラスで覆って強化します。様々な釉薬の種類や掛け方があります。


釉薬を一瞬の速さでつけます

壷の中身もつけます

7 本焼き

高温で長時間行うのが本焼き。約1300度で焼成します。陶器では掛けた釉薬が焼成中に溶けて、ガラス質の膜になります。


窯に入れる前。
火の通りが良くなるように並べます。

8 上絵付け

色絵付けを行います。九谷焼は、この段階を踏むものが多く、最大の魅力です。

上絵付け
和絵の具を塗っているところ

この絵の具が熱を加えると流れ美しい模様を描きます。

9 完成

800度前後で焼成し、完成です。


美しい九谷焼の完成


↑ このページの一番上へ
九谷満月
九谷満月店舗

〒922-8566 石川県加賀市中代町ル95-2
TEL:0761-77-2121 FAX:0761-77-2124
フリーダイヤル:0120-47-2121
URL:http://www.mangetsu.co.jp/
メール:kutani@mangetsu.co.jp

→ 店内のご案内はコチラ

≪送料≫
全国一律1,080円
お買い上げ金額合計10,000円以上で送料無料

≪お支払い方法≫
クレジット決済、代金引換、銀行振込からお選びいただけます。
ご利用いただけるクレジットカード
利用可能カード

≪商品のお届け≫
ご注文受付後、通常2日〜1週間以内に宅急便にて発送致します。午前中までのご注文で翌日配送も可能です(北海道・九州・沖縄は翌々日)。

食事処まんげつ
九谷焼絵付楽焼体験・ろくろ体験
人間国宝吉田美統作陶展開催中